同じおもちゃで楽しく創造性

平等な評価

子どもが年齢で区切られ、政府の方針に沿った学校においての学びや、生徒個人的な能力に偏りがありがちです。
教育環境にばかり気を取られ過ぎて、これでもかとばかりに生徒対教師の割合比率で教育の万全さを説明することに終始し、中身が難しい状況に思われるかもしれません。
脳科学的にも、就学児童以降の教育におけるカリキュラムの強化などより、学校に入る前の子どもに基礎的な教育のアプローチがある方が効果があるとされているそうです。
様々な訓練的の施行や、プログラムの履行の組織上の運営も限界があって、目立ったものが見いだせない結果が多いそうです。
子どもの頃からの教育が、勉強による学習能力のみならず、情操的な思考から、良い成長を遂げることが必要になるでしょう。

未来への飛翔

子どもの未来を転換してあげることが可能であれば、その教育環境を持つ国の良いところも見習い、子どもの教育においては見直す必要があるかどうかも考え直すことが必要かもしれません。
生活環境の貧困などの要因が、現代までにおいても、子どもに重くのしかかっていることが問題です。
教育の質の向上を目指して、効率よく効果を目論む施策を考えた時、就学前教育の義務化を2年でも具体案を作って施行できれば、平等な教育の実現や対策は、多少でも改善できる可能性はあるかもしれません。
とすると予算的には、就学後の義務教育以降の教育費の無償化の有り方も、就学前教育とのバランスを考える必要も出てくることになります。
子どもの素養のレベルでの考察については、慎重に海外の事案とのすり合わせなども含めて、考慮してほしいものです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る